空冷のポルシェ911と私

porkuurei.JPG


空冷のエンジン搭載のポルシェ911が生産を終えて、15年経ちます。

さすがに最近はポルシェ911といえばポルシェ996,997あるいは最新の991型の
水冷エンジンポルシェ911がポルシェ911として認識され、

空冷エンジンのポルシェは見かけることも少なくなりました。
しかしポルシェ911は1963年に発表されて以来、空冷の時代が長く続き、

1989年に最後の空冷ポルシェとして、930スピードスターがラインオフするまで、
36年間作られ続けました。

最初のポルシェ911をデザインした、ブッツィーポルシェ(アレクサンダー・ポルシェ)も
2012年に亡くなり、空冷ポルシェの時代は遠く過ぎ去った観があります。

最近の水冷ポルシェ911は目覚しい性能の向上で、最後の空冷エンジンの993型でさえ、
性能からいえば足元にも及ばないほどの差があります。

ただ私など、昔からのクルマ好きには今のポルシェ911はあまりに良く出来ていて、
都会的で洗練された紳士が似合いそうで、私などがさつな人間には似合いません。

空冷エンジンのポルシェ911が好きな理由は、もちろんボディデザインもありますが、
簡単に言うと、乗り味と音と香り(におい?)ということになります。

確かに最新のポルシェ911のような洗練されたスタイルはないかもしれませんが、
空冷ポルシェ911が持つ独特の雰囲気は今も残っています。

現在、私はポルシェ911のタイプ964カレラ2とタイプ930のスピードスター、
そして、911SCのボディにタイプ993の後期エンジンを載せたもの(製作途中)を持っています。

空冷エンジンのパーツ、たとえばクランクケース、コンロッド、ピストン、シリンダー、ヘッド、カムなど
新品、中古など含めて一台分くらいはあります。

空冷エンジンは、ストックで930カレラ3,2の88年式のオーバーホールしたものがあります。
エンジンパーツ以外にも足回りや電装関係の部品もありますが、

たくさんの空冷911の部品を一つ一つながめるだけでも楽しい時間です。

ポルシェ911のトーションバー

ポルシェの空冷エンジン車でも1989年までのポルシェ911には
トーションバーというスプリングが付いていました。

ポルシェ964以降は普通のコイルスプリングに変わりましたが、
これによって乗り味はだいぶ変わったように思います。

私の場合は一台は964のカレラ2のMT、930カレラはスピードスターという車種で、
ノーマルとオープンという違いはありますが、

964カレラ2のほうが930カレラよりストロークが多いというか、
乗用車に近い感じがします。よくいえば洗練された乗り味というのでしょうか。

それに比べると930カレラは例えばアスファルトの継ぎ目をひろったり、
路面が悪いとダイレクトに乗り心地に反映されるように感じます。

もちろんポルシェ911が930カレラまで20年以上使い続けたバネですから
悪いとか、古いとか言うものではなくて、

例えばスペースを取らないとか、車高の調整が簡単に出来るなどのメリットがあります。
事実、F1グランプリのマシンにも取り入れられているくらいですから、

スポーツカーに使えないとかいうことはありません。
ただ乗り心地がよいしなやかな足にするのはあまり得意ではないようです。

本当によいトーションバーにするには設計の難しさや、特殊性などでコスト高になるということもあるようです。

いずれにしてもポルシェ911でも空冷の、それも930カレラ以前のポルシェ911でないと
このトーションバーのサスペンションの感覚を味わうことはできません。

空冷ポルシェ911の魅力

ポルシェ911のエンジンは空冷の時代が長く続きました。
リアエンジンリアドライブであることで、エンジンが軽い必要がありました。

そこでアルミのエンジンになりました。一部はマグネシウムを使ったこともあります。
空冷のメリットとして、軽量ということもプラスでした。

水平対抗の低重心ということもひとつの要素でありました。
しかし空冷エンジンの一番大きなデメリットは熱対策が難しいということで、
高圧縮、高出力と排気ガス対策には水冷化は当然の帰結ではあります。

ですからポルシェ911の空冷エンジンと水冷エンジンではまったく別のエンジンで、
排気量が3,6から3,4Lに少なくなったにもかかわらず、300馬力と
出力が大きくなりました。

その上、燃費さえ空冷エンジンより良くなったといわれています。
ツインカムになって燃焼効率も上がって、なんと言っても熱管理が
うまく出来るようになったということがこの結果につながっているのでしょう。

最新のポルシェが最良のポルシェといわれているのですから当然ですが、
それでも私は空冷のポルシェ911が大好きです。

性能というより空冷ポルシェの味、例えば音だったり、においだったり
乗り味だったり、それに空冷ポルシェ911に乗ると、景色さえ変わってくるように感じるのが不思議です。