ポルシェとカーレースカテゴリの記事一覧

ポルシェ935

ポルシェ934はポルシェターボの市販車に近い形をしています。
フロントのエアダムやリアの大型のウイングなど迫力満点ですが、

やはりシルエットフォーミュラーともいえるポルシェ935は
マルティニカラーを纏って、いかにもレースカー然としたたたずまいです。

ポルシェ935も934同様ポルシェ930ターボを基にして作られています。
シャシーは生産車のものを基本的に使い、アウターパネルは軽量化のために
強化プラスチックなどを使い車重は970Kgほどで、

エンジンに関してはRSRのエンジンのボアを95ミリから92ミリに
落として、2808ccにしました。

これにより、ポルシェ935の車重が970Kgまで落とせることが出来ました。
ブースト圧は普通1,5気圧で、運転席で調整可能でした。

ルマンのレースでは耐久性、信頼性を増すために1,2気圧までで落とし、
最高出力も590馬力から540馬力まで落としました。

これほど大きな出力に対してもクランクシャフトは生産用のポルシェ空冷エンジンのものを
使用していたようです。

余談ですが、こういうところから見ても空冷ポルシェ911のエンジンは
十分な耐久性を持っているという証明ではないでしょうか。

このポルシェ935は1976年からあらゆるレースで勝利を収める大活躍を始めるのです。

WEC世界耐久選手権

ポルシェがF1グランプリにエントリーするのではないかといううわさは、
よく耳にしますが、うわさがたっては消えで、実現しそうに無いです。

フォーミュラー1ではドイツ人ドライバーがシューマッハやベッテルなど常にトップクラスにいて、
ドイツのスポーツカーといえばポルシェなのに、
自動車レースの最高峰といわれるF1グランプリに参加しないのは残念です。

ポルシェとしては今のF1には参加のメリットが無いということでしょうか。
ターボが復活する2014年、あるいはホンダが参加する2015年あたりに少し考えてもらえるとうれしいです。

ところで、今回、ベッテルと確執のあったといわれ、レッドブルを去るマーク・ウェバーが
ポルシェのドライバーとして契約するということが決まったようです。

2012年から本格的に始まったWEC世界耐久選手権、なんと言ってもルマンにポルシェが参戦するのは
とても輝かしい戦歴を持つポルシェにとって、とても有意義なことでしょう。

なんといってもポルシェがWECに参加するということは、F1のフェラーリと同様、勝つことを絶対条件にしているでしょうから、
マーク・ウェバーをドライバーに迎えるのは必然的かもしれません。

ポルシェにとっては、F1に参加するより、自動車という点ではこちらのほうがメリットが大きいと考えたのかもしれません。
ポルシェのエンジンは空冷のころから壊れにくいと定評があり、耐久レースには強いので今からWECの活躍には期待できそうです。

WECにはトヨタも参戦しており、富士スピードウエイでも開催される予定ですので、
日本でもポルシェの活躍が見れそうです。

ポルシェとフォーミュラ1

ポルシェがF1グランプリから離れて久しいですが、最近ポルシェがフォーミュラー1に復帰するのではないか、という噂があるようです。

残念ながら日本では、F1の人気が落ち目で、以前のようにテレビで放映したり、あるいはニュースになったり、といったことがほとんどなくて、日本の自動車メーカーも全部撤退していますので、
そういった意味でも関心が低くなってきています。

先日も鈴鹿でレースがあって、小林可夢偉が3位表彰台に立ちましたが、メディアの扱いはさびしいものでした。
その可夢偉も来季のシートは難しいといわれています。

話がそれましたが、こういう時勢にあってポルシェがF1に復帰するとなれば、私にはうれしいニュースです。

なんといっても現在では、ポルシェもVWという巨大グループの一員ですから、資金も潤沢でしょうし、それに向けての準備もひそかに行われているとも云われています。

ルマンにも参戦が決定していますし、レースの世界でももっともっとポルシェが活躍してほしいものです。