空冷のポルシェ911と私

porkuurei.JPG


空冷のエンジン搭載のポルシェ911が生産を終えて、15年経ちます。

さすがに最近はポルシェ911といえばポルシェ996,997あるいは最新の991型の
水冷エンジンポルシェ911がポルシェ911として認識され、

空冷エンジンのポルシェは見かけることも少なくなりました。
しかしポルシェ911は1963年に発表されて以来、空冷の時代が長く続き、

1989年に最後の空冷ポルシェとして、930スピードスターがラインオフするまで、
36年間作られ続けました。

最初のポルシェ911をデザインした、ブッツィーポルシェ(アレクサンダー・ポルシェ)も
2012年に亡くなり、空冷ポルシェの時代は遠く過ぎ去った観があります。

最近の水冷ポルシェ911は目覚しい性能の向上で、最後の空冷エンジンの993型でさえ、
性能からいえば足元にも及ばないほどの差があります。

ただ私など、昔からのクルマ好きには今のポルシェ911はあまりに良く出来ていて、
都会的で洗練された紳士が似合いそうで、私などがさつな人間には似合いません。

空冷エンジンのポルシェ911が好きな理由は、もちろんボディデザインもありますが、
簡単に言うと、乗り味と音と香り(におい?)ということになります。

確かに最新のポルシェ911のような洗練されたスタイルはないかもしれませんが、
空冷ポルシェ911が持つ独特の雰囲気は今も残っています。

現在、私はポルシェ911のタイプ964カレラ2とタイプ930のスピードスター、
そして、911SCのボディにタイプ993の後期エンジンを載せたもの(製作途中)を持っています。

空冷エンジンのパーツ、たとえばクランクケース、コンロッド、ピストン、シリンダー、ヘッド、カムなど
新品、中古など含めて一台分くらいはあります。

空冷エンジンは、ストックで930カレラ3,2の88年式のオーバーホールしたものがあります。
エンジンパーツ以外にも足回りや電装関係の部品もありますが、

たくさんの空冷911の部品を一つ一つながめるだけでも楽しい時間です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。