空冷ポルシェ911のタペット調整

空冷エンジンのポルシェはタイプ964まではタペット調整を定期的にすることになっています。
ロッカーアームとバルブステムのクリアランスを正規の値、0,1mmに合わせる作業です。

ポルシェ911の空冷エンジンはすべての年式、あるいはターボであろうとカレラであろうと
すべて定期的にこの作業をすることになっています。

空冷ポルシェ911でもタイプ993からは油圧ラッシュアジャスターが自動調整するように
新しく採用されたので、この作業はしなくてもすむ様になりました。

ただ、水平対抗の特に空冷エンジンはオイル漏れしやすいので、このタペットカバーのガスケット(パッキン)は
定期的に点検交換するように心がけておいたほうが良いでしょう。

もっともポルシェ964からはこのガスケットのマテリアルがゴム製に変わって
以前よりは耐久性が上がったようではあります。

タペット調整自体は、13mmのめがねレンチとマイナスドライバー、それにシックネスゲージ
があれば出来ます。

シックネスゲージは空冷ポルシェ911専用のものをつかいます。
ポルシェの空冷エンジンはシングルカムですのでロッカーアームを介してバルブの開閉をしますので、
ロッカーアームとバルブステムの間にシックネスゲージを差し込んで、クリアランスを調整します。

このクリアランスはエンジンが温まった時に、ぴったり合うようになっていますので、
広くても狭くてもバルブタイミングに影響してきます。

エンジンを始動して、カタカタという音が大きくなるとクリアランスが拡がったと分かりますが、
逆に狭まったときは音がしません。

しかし、狭くなった時のほうが問題になる場合があるので、点検整備は大事です。

tapetto.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。