ポルシェのミッドシップ搭載車

ポルシェのミッドシップは市販車ではボクスターやケイマンなどありますが、
長い時間、ミッドシップを販売しない時期がありました。

ポルシェ911以外はポルシェではないといわれていた時期もあり、
レースカー以外には作られませんでした。

ポルシェ最初の市販ミッドシップスポーツカーは550スパイダーで、
1954年発売され、アメリカに輸出された内の一台が当時、絶大な人気を誇った俳優
ジェームス・ディーンに渡り、レースに向かう途中事故に遭い、命を落としたのはあまりにも有名な話です。

そのあとのポルシェのミッドシップスポーツカーといえば、ポルシェ904がありますが、
これは当時のレース規格のホモロゲーション資格を取るために100台ほど市販したもので、
あの日本グランプリ(現在のF1とは違う)でのプリンススカイラインの生沢徹とのデッドヒートは
古いカーレースファンには語り草になっています。

このほかにもポルシェは914というミッドシップスポーツカーを市販しています。
別名、ワーゲンポルシェと呼ばれ、現在も愛好家が多くいます。

フォルクスワーゲンと共同開発したスポーツカーで、既存のパーツを多く使用したので
販売価格が抑えられ、一般受けして人気があり販売台数も多く、現存している個体も多いです。

この914の後継機は残念ながらミッドシップではなくフロントエンジンのポルシェ924で
これが944,968と受け継がれ、ポルシェのミッドシップスポーツカーはボクスターまで待つことになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。