ポルシェ911 73カレラ

ポルシェの歴史はスポーツカーの歴史、あるいはレースカーを牽引してきたという歴史があります。
そしてこれからもこういうスタンスでポルシェは未来があるのでしょう。

確かに、最近のポルシェの自動車はヴァリエーションが増えカイエンという、MPVともいえる
スポーツカーとはいえない車種もありますが、

それでもやはり中身はポルシェのスポーツカーの香りが漂っています。グランド
ケイマンやボクスターはミッドシップの純粋なスポーツカーで、あるいはパナメーラは
4シーターの高速ツアラーとして、存在感をアピールしています。

ポルシェ911は50周年という節目を迎えようとしていますが、
この長いポルシェ911の歴史の中でも、一番印象に残っている自動車といえば、
憧れているといったほうがいいですが、なんといっても73カレラ、ポルシェ911Carrera RS 2,7でしょう。

エンジン型式911/83は翌年モデルチェンジした、74カレラにも積んでいましたが、
私は74カレラには乗っていましたので、このエンジンは知っています。

アイドリング中にアクセルに右足がちょっと触れただけで、ヒュンと跳ね上がる感触がたまりません。
このころはフライホイルが小さかったので、他のポルシェ911でも似たものはありましたが、

吸気系がメカポンの自動車は特にそう感じました。そのことと、低回転でのトルクが小さいことで、
やはり発進するときはちょっとこつがいりました。

73カレラの良いところはあのスタイルにあります。ただでさえ美しいナローボディにフロントスポイラー
と、ダックテールの愛称があるリアスポイラーが装備され、気品にあふれています。

作られて40年も経つのに、今でもベストオブポルシェ911として君臨しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。