WEC世界耐久選手権

ポルシェがF1グランプリにエントリーするのではないかといううわさは、
よく耳にしますが、うわさがたっては消えで、実現しそうに無いです。

フォーミュラー1ではドイツ人ドライバーがシューマッハやベッテルなど常にトップクラスにいて、
ドイツのスポーツカーといえばポルシェなのに、
自動車レースの最高峰といわれるF1グランプリに参加しないのは残念です。

ポルシェとしては今のF1には参加のメリットが無いということでしょうか。
ターボが復活する2014年、あるいはホンダが参加する2015年あたりに少し考えてもらえるとうれしいです。

ところで、今回、ベッテルと確執のあったといわれ、レッドブルを去るマーク・ウェバーが
ポルシェのドライバーとして契約するということが決まったようです。

2012年から本格的に始まったWEC世界耐久選手権、なんと言ってもルマンにポルシェが参戦するのは
とても輝かしい戦歴を持つポルシェにとって、とても有意義なことでしょう。

なんといってもポルシェがWECに参加するということは、F1のフェラーリと同様、勝つことを絶対条件にしているでしょうから、
マーク・ウェバーをドライバーに迎えるのは必然的かもしれません。

ポルシェにとっては、F1に参加するより、自動車という点ではこちらのほうがメリットが大きいと考えたのかもしれません。
ポルシェのエンジンは空冷のころから壊れにくいと定評があり、耐久レースには強いので今からWECの活躍には期待できそうです。

WECにはトヨタも参戦しており、富士スピードウエイでも開催される予定ですので、
日本でもポルシェの活躍が見れそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。