ポルシェ911が50周年

ポルシェ911が50年。私がポルシェ911を知ったのが、20周年をとっくに過ぎたころですので、
それからでも20年以上、もちろんアップデイトを重ねてここまで来ましたが、
基本的なスタイルは最初の901といわれた時代から極端には変わっていません。

しかも世界中のスポーツカー愛好家が常に憧れの自動車のひとつに挙げるほど親しまれて、
それに見合う性能をいつでもリードしてきた、そんな自動車はポルシェ911以外にはありません。

そして、今でも現役で走っているポルシェ911の残存率は50パーセントを超えていると聞いたことがあります。
ということはかなりの数が残っているはずなのに、あまり値段が崩れないというのもそれだけポルシェ911が人気を保っている証拠でしょう。

最初の911の130馬力から現在の991ターボSは560馬力と4倍以上のパワーを誇ります。
それに、最新の918スパイダー。これはポルシェ917の後継といわれますので、直接ポルシェ911と関係は無いですが、ハイブリッドのスーパーカーとして918台販売されるようです。
この自動車もポルシェ911の50周年記念としてこの時期に出したものでしょう。

ここまできたらあと50年がんばって、100周年を迎えたらうれしいです。
そのころはどんな自動車になっているか想像もできませんが、
ポルシェ911のスタイルは守っていて欲しいと思います。

ミツワ.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。