私とポルシェ

記憶違いがあるかもしれないので、最初におことわりしておきますが、
私が自動車免許を取得したころは自動車学校の自動車といえば、ベンチシートのコラムシフト
というのが一般的だったと記憶しています。

ポルシェが356から911のナローに進化し、少したったころのことですのでかなり古い話です。
もちろんポルシェに触れるどころか見ることさえほとんど無かった時代です。

余談ですが、このころ私の好きな白洲次郎はポルシェ911Sを乗り回していたらしいのですが、それだけでもあこがれに足る人物です。

ともあれ運転免許を取得して最初に買ったのはべレット1500デラックスという自動車で、
デラックスというのは特別ではなく標準仕様のグレードによく用いられたもので、
3速コラムシフトの前席がベンチシート、いわゆる長椅子のシートで、運転のためのサポートなど全くありませんでした。


そのころの憧れの自動車は、ランボルギーニのミウラで、世の中にこんなにかっこよくて早い車があるのかと
映画に登場したとき、ストーリーよりそれが一番印象に残りました。

ポルシェ911に関しては当時はかえるに似た車だという認識で、あまり好きではなかったように記憶しています。
今でもコマーシャルでミウラが登場すると、じっと見入ってしまいます。

実際にポルシェ911に接したのはずっと後で、知人からポルシェ911の74年式、2,7を紹介され、
横に乗せてもらったのですが、そのレスポンスの良さにとりこになって、すぐに購入してしまいました。

それからは、国産車にもいろいろ乗りましたが、ポルシェは欠かさず乗り継いできました。
ポルシェ911に限らず、944や968にも乗っていたことがあります。

ポルシェ911に出会わなかったら自動車、特にスポーツカーをこれほど好きにはならなかったでしょう。

porタイヤハウス.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。