ポルシェ911のガソリンタンク

私の所有する空冷ポルシェ911のうちの一台89年930スピードスターのガソリンタンクを
掃除する目的でおろしてみました。
タンク本体.jpg

ポルシェ911はリアエンジンのスポーツカーで、まして4人乗りですから、ガソリンタンクは
前車軸の前の部分に置かれています。重量バランスとスペースの関係でここになったのでしょう。

そして、変な形をしていますが、これはここにエマージェンシーのタイヤホイルが入るためです。
このタンクはタイプ964のポルシェ911では全く形を変えて、位置ももっと後ろにあります。

タンクの材質も樹脂製に変わっています。ポルシェ911でも930と964はデザインとパワーとレイン以外は
ほとんど別の自動車といっていいくらい変更点が多く、見えない部分はかなりの違いがあります。

ですから空冷ポルシェ911であの変化が一番大きかったのがこの時で、ポルシェ964はポルシェ911のレプリカだと
揶揄されたこともありました。
タンクはずし.jpg

話題がそれましたが、ガソリンタンクを車体から降ろすと、そのあとにぽっかりと穴が開いています。
上部に見えている金具の部分が燃料ポンプ取り付け用になります。

燃料はタンクから直接入ってくるので、タンク自体にフィルターが付いています。
これはドレン用の穴にもなっていて、ガソリンを抜く場合にはこれを外します。
たまにここを外して、点検とフィルターの清掃をやったりします。

タンクの上部には燃料残量センダーユニットが付いています。これも構造が国産とは大きく違う部分です。
このセンダーユニットの底の部分まで燃料が減ると、残量警告灯が付きます。
燃料タンクにはこの下に燃料をためるスペースがあり、確か8リットルくらいあるようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。