ポルシェの今昔

ポルシェの自動車は、いわゆるポルシェ911の空冷時代には、ポルシェ91

1以外の自動車はポルシェが作っても売れないといわれてきました。

ワーゲンポルシェと呼ばれた914、ポルシェ928、924,944、ある

いは968など、マイナーな印象しかない。

しかし、それはそれでポルシェは自動車会社として、スポーツカーメーカーと

して確固たる地位を築いていた。

私の感覚ではアメリカのハーレーダビッドソンに近い存在のように見えていま

した。
しかし最近のポルシェは、いろんな種類の自動車を作るメーカーに変貌して、

売り上げもそれに伴い右肩上がりに増えて、会社としては成功しています。

しかし、ちょっと古いポルシェファンとしてみると、何かが違うように思えて

なりません。
もちろんこの急激に変化する経済社会において、生き残るには変化を求められ

て当然ですし、ポルシェ自動車もうまく時代のニーズに応えて今の形になった

といえますし、その点では評価されるべきでしょう。

ただそのメーカーが持つ味みたいなものが薄れてきているように感じるのは私

だけなのでしょうか。

説明するのは難しいですが、あの存在感、オーラみたいなもの。顧客に媚びない存在。実際、今、空冷のポルシェ911に乗っても感じる心地よい緊張感がはたして現代のポルシェの自動車にあるだろうか?

もちろん今のポルシェはすばらしいと認めたうえでの意見ですし、性能から言えば格段の差を認めざるを得ない。
それでも、何かが変わったのも事実です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。