ポルシェの原点

ポルシェ356はポルシェの原点とも言うべき自動車です。

なかなか現在は実車を見ることも出来なくなりましたが、
ポルシェを好きな人はこのクルマについてよく知っているでしょう。

戦後、敗戦国のドイツの中から真のスポーツカーメーカーが誕生した、
ということでさえ、すごいことですが、

ポルシェが自動車メーカーを立ち上げて、そんなに長い時間を待たずに
スポーツカーメーカーとして、レースでも活躍したということです。

ポルシェ356はスポーツカーといっても、
VWビートルの土台をもとにして、ビートルをチューニングして、

クーペのボディを架装したモデルといったら言い過ぎかもしれませんが、
あたらずとも遠からずといったところです。

それでも1951年には、ル・マンに参戦して、クラス優勝
という快挙を成し遂げています。

ポルシェ356の最初期のモデルには、1086ccの
水平対向4気筒のOHVというエンジンで、最高出力は
わずか40psしかなかったといいます。

ポルシェ356は1965年、次期モデルのポルシェ911が発売されるまでに
1582ccまでに発展しましたが、基本的にはVWの
4気筒、水平対向のOHVというのは変わりませんでした。

ただ、4気筒DOHCエンジンを搭載した、カレラ2を出したり、
550スパイダーを発売したりしました。