カイエンGTS

カイエンも少し前、モデルチェンジを行い、ニューカイエンになりました。

そのニューカイエンの中で、カイエンGTSというモデルがあります。 
以前ポルシェ928にもGTSというモデルがありました。

グランツーリスモのSということでしょうか。

エンジンは自然吸気の4,8LV型8気筒エンジンで、
ヴァリオカム・プラスとダイレクトフューエルインジェクションの採用で、

最高出力405馬力を6500回転で、最大トルク500N・mを
3500回転で、得ています。

このパワーとトルクを聞いただけで、ある程度の走りは想像できそうです。
0−100kmの加速が6,1秒最高速が253kmだそうです。

もちろんこれはカイエンGTSのパフォーマンスで、
決してどこかのスポーツカーのデータではありません。

だれが、こういった種類の自動車でこれだけの
スポーツ性能を望むのでしょうか。

もちろん、この上にターボモデルがあるのですから、
まだ、こちらのカイエンはおとなしいほうだというわけです。

ポルシェのSUVなので、当然なのかもしれませんが、
このカイエンの下のクラスに小型のSUVも発売されると聞いていますが、

これもポルシェブランドである以上、かなりの高性能であるはずです。