ポルシェ パナメーラ

ポルシェパナメーラはポルシェ自動車の中でもちょっと特異なスタンスを取っています。
スタイルはポルシェ911に似ていますが、初の4枚ドアでスポーツセダンといった風情です、

ポルシェ928はポルシェ911の後継機として華々しく登場した割りには
泣かず飛ばずで、失敗に終わりましたが、

パナメーラはヒット商品とまではいえないかもしれませんが、ひとつの選択肢としてはアリだと思います。
中でも、ハイブリッドのパナメーラはちょっと気になる自動車です。

気になるお値段は1483万円から。だそうで、簡単に買える金額ではないですが、
ポルシェパナメーラのハイブリッドとすれば、妥当な金額です。

燃費はリッター当たり14,1キロということであの車格からすれば驚異的です。
もちろんガソリン代を気にして走るような人は買いませんが、

やはり地球に優しい、ということを考えればよい選択でしょう。
そういえば、あのNSXのコンセプトカーもハイブリッドですし、レクサスの
コンセプトカー「LF−LC」もハイブリッドで出展されていたように思います。

これからはハイブリッドが主流になっていくので、パナメーラからポルシェもハイブリッドを
採用していくのでしょう。

空冷ポルシェが生産されなくなって15年以上経って、ついにここまできたかというような観があります。
ただ、ポルシェ911に関しては、ハイブリッドであまりに静かな自動車はどうかと思いますが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。