ポルシェ911のROM

プログラマー.JPG

先日、倉庫を片付けていたら昔買ったEPROMプログラマーが出てきました。
最近は自動車のコンピューターはハルテックやモーテック、国産でもHKSのFコン金プロなど、すばらしいコンピューターがあって、

ECU本体ごと取り替えるいわゆるフルコンと呼ばれるものが主流ですが、ちょっと前はロムを書き換えて使うのが主流でした。
(もちろん今でも有効ですが)

それも、自分でプログラムするのではなく専門店のROMを買って自分で交換するというやりかたですが、
エンジンがノーマルでもそれを交換すると、体感できるほどレスポンスがアップしたり、
 トルク感が増したりして、結構満足できるチューニングです。

ヤフーのオークションなどを覘いて見るとポルシェ911のROMもいろいろ出ていますが、
安いものからそこそこ値段の張るものまで、あるいはどこか素性の分からないものから
ショップでプログラムしたものなどさまざまです。

ただ中身の見えない、いわゆるブラックボックスですから自分で交換する場合、
かなり勇気がいると思います。

大体の場合において、安全マージンを取っているので、エンジンが壊れると言うことはないと思いますが、
ある程度、知識がある人でないと交換するのはやめといたほうが良いかもしれません。

最近のポルシェの場合、ポルシェ911もGT3やターボなど有り余るほどの出力を持った
車が買えますが、空冷ポルシェとなればちょっと非力な面も否めません。

そうなれば、ちょこっとでもパワーが欲しいとなるかもしれませんが、
今のポルシェと、旧いポルシェを比べてもしょうがないし、
ポルシェ911の味としては、今のものに劣らずすばらしい自動車であることに違いはないので

下手に弄らないのがベストかもしれません。
私のポルシェは1台を除いては、ノーマルで乗っています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。