ポルシェとVW

ポルシェとVW、つまりフォルクスワーゲンは気っても切れない関係です。

ご存知のように、フォルクスワーゲン・ビートルはポルシェの生みの親の
フェルディナント・ポルシェ博士のデザインによる
ドイツの国民車でした。

ヒトラーがポルシェ博士に創らせたものですが、
そのため、ポルシェ博士はオーストリアに幽閉されたこともあります。

そして、ポルシェはフォルクスワーゲンの販売網を使って
ポルシェの自動車を販売したり、
ワーゲンのエンジンをポルシェの自動車に積んだり

それから、ポルシェ家から、フェルディナント・ピエヒという人が、
もともとはポルシェにいたのですが、

ポルシェ家の方針として、ポルシェ社の幹部にはポルシェ家の人間は置かない
というルールを決めて、ピエヒはVW社の社長になりました。
現在はピエヒという人は会長職についているようです。

そういう深い関係にある、ポルシェとフォルクスワーゲンですが、
その2社が経営統合するというニュースを知りました。

業績的には、ポルシェは現在は非常に経営状態がよくて、
会社の規模的には比べ物にならないのですが、
利益から見ると、あまり変わらないそうです。

いずれにしても、これからのポルシェには目が離せないようです。