ケイマンとボクスター

ポルシェのケイマンはボクスターに屋根をつけた、
いわばボクスタークーペともいえるものです。

しかし、ポルシェの好きな人は、ケイマンはケイマン
ボクスターはボクスターと、まったく別のクルマと
捉えている人が多いようです。

ポルシェは同じクルマでも、年式で、とても変化というか
むしろ進化といったほうがいいでしょう、
まったく違ったクルマに思えるほど変わったりします。

ですので、たとえ、同じシャシー、コンポーネンツを
使って作っているとはいえ、ポルシェのことですから、
まったく違った味付けをするのは当然でしょう。

ポルシェ ケイマンSは911カレラに近いのかもしれません。
事実、性能的にもかなり近いものがあります。

ミッドシップですので、ひょっとしたら、限界あたりの
コントロール性能はケイマンのほうが高いかもしれません。

私としては、車重が100キロ軽いのがとても好感が持てます。
スポーツカーは軽くなくてはいけないという考えがあって、
最近のポルシェは車重が重過ぎるのが気になっていて

ケイマンはその辺が、コントロール性にも効いてくると思います。
スポーツカーは軽いのが一番で、
余計なものは付けないでいいから軽くしてほしいと思っていて、
できれば、ケイマンにもそんな軽量バージョンができるといいのですが・・

ポルシェのことですから、何か出してくるとは思うのですが。