ポルシェ901から911へ

ポルシェ911は、最初ポルシェ901として開発されていました。
ところが、プジョーがすでに真ん中に0を使う事を登録していたそうで、
901が使えないということになり、911で決まりました。

販売は、1964年に2百数十台は販売されていたそうですが、
65年式として売られていたので、
基本的には1965年からとなっているようです。

ポルシェ911の基本設計、デザインは
フェリーポルシェの息子ブッツィによるもので、完全な2+2シーター
のボディーで設計されました。

ポルシェの会社名はもちろん、ドイツの国民車VW
を設計、デザインしたフェルディナント・ポルシェ博士から取ったもので、
その息子フェリーが中心になって発展した会社です。

ともかく、ポルシェ356では、少し室内寸法など
金額に比して、少し小さいと感じていたようで、
2+2で、ある程度荷物も積めるものを考えたようです。

しかし、現実的には、ポルシェ911のリアシートは
大人が座って、長時間の移動は無理のようです。
あくまでもエマージェンシーで使用するくらいで、
しかし、荷物スペースの少ない、ポルシェ911にとっては、
荷物スペースとしてはとても重宝するものです。